ホーム > 白アリ防除 害獣・害虫 鳥類防除 湿気対策

白アリ防除 害獣・害虫 鳥類防除 湿気対策

調査・見積は無料です。

弊社では、白アリ防除のほかにも、ネズミやゴキブリ、ダニ、ハチ、毛虫類、ハト、ノミ、ムカデ、コウモリなど、様々な害獣・害虫・鳥類の予防・駆除を行なっております。お客様の家屋の状況を調査し、ご希望にあわせた施工をご提案しております。 ※対応エリア内に限らせていただきます。

白アリ防除

白アリ被害

シロアリは益虫で山の掃除屋さんと、異名を取るくらい、山に必要な昆虫でした。しかしながら、私達人間は、山を切り開いて家を建てたので、シロアリは、山の木か人間の建てた家の木か区別がつかない為に、大切な私達の住まいを食べてしまうのです。

ガラスと陶器以外はなんでも食べます

シロアリは予想もできないようなところにまで巣を作ってしまいます。つがいとなったシロアリがいったん巣を張ってしまうと、年中不眠不休で千数百個の卵を生み続け、爆発的に大発生します。また、シロアリは巣と餌場が離れると拠点を作ることがあり、それを本巣から分かれた分巣と呼んでいますが、こうなってしまうと、本当に根絶やしにしなければ、何度でも被害に遭うことになります。

防蟻処理

木材を腐れや白アリの被害から守るためには、防腐・防蟻処理をする必要があり、木造建築の寿命を長くするためには忘れてはならないことです。
防蟻・防腐・防カビのトリプル効果を持つ《イミダクロプリド》を主成分とする新しい木部処理剤を使用。 忌避性がなく、シロアリの薬剤への接触率が高いです。遅効性のため、仲間同士に薬剤が伝播しドミノ効果でシロアリを駆除します。 臭いも無く蒸気圧も低いため人やペットにも安心です。

害獣・害虫・鳥類防除

ネズミ

ネズミによる被害は、衛生的被害、都市機能の被害、経済的被害の3つがあげられます。衛生的被害には感染症、皮膚炎、精神的障害があり、都市機能の被害には、鋭い歯でコードなどを噛み切ることによる電気災害(電線ケーブルやガス管を噛み切ることによる停電や火災、爆発事故など)、交通被害などがあげられます。
最近、ネズミの被害がますます深刻化しています。しかもその範囲は、これまでの繁華街だけではなく、郊外の住宅地にまで拡がっています。

ハクビシン

ハクビシンは木登りが得意であるため、天井裏にも簡単に侵入します。また、頭部が入る場所ならどこからでも入り込めます。具体的には4cmほどの隙間があれば、簡単に侵入できてしまうため、天井裏・床下・物置の中などが格好の巣作りの場となっているのです。




その他さまざまな害虫


ゴキブリ

駆除で最も重要なことは、室内を清潔に保つことです。食べ物や生ゴミ、ペットの餌などはゴキブリ発生の元になります。蓋などが出来る容器で進入されないようにすることが必要です。水を好む性質ですので、濡れた食器や流しなどの水気を拭き取ることも大切です。

ハチ

ミツバチ・アシナガバチ・スズメバチ等がハチの代表的なものです。建物の軒下・天井裏・床下等にも巣を作ります。巣に近づくと危険を察知し襲ってきますので、近づかないように注意して下さい。洗濯物などに付いていたり、草に覆われた植え込みなどに巣がある場合もあります。

毛虫

アメリカシロシトリ・チャドクガ・マイマイガは「蛾」の幼虫で俗に言う「毛虫」です。桜・お茶・ツバキ・サザンカ・ウメ・バラ・ツツジなどの葉を好みます。接触すると刺されて皮膚炎(かゆみがある)を起こします。なかには近くを通っただけで、毛針が飛び刺されます。刺された時は触ると毛針が折れて、広がってしまうことがありますので、流水で良く洗い流し抗ヒスタミン軟膏が比較的効き目がありますが、症状がひどい場合は皮膚科に相談して下さい。

ムカデ・ヤスデ・ゲジ類

歩行性があるため外部からの室内への進入がが問題になります。室内に侵入するのは餌を求めたり、越冬であったりします。建物の周囲に草や枯葉、廃材やがれき等があると隠れ家になってしまいます。

鳥害対策

住み心地のよい場所を見つけると営巣し卵を産みます。また、その場所に居座るため糞害や鳴き声、臭いなどといった被害も出てきます。スズメやムクドリはハトやカラスよりも小さく、狭い隙間や手の届かないような場所にも潜り込んで巣を作ってしまうため、追い払うのも難しく、被害が解決しないのが現状です。

湿気対策



湿気の多い季節など雨で洗濯物を室内に干すことが多くなります。しかもこの時期だけに限らず、お部屋のあちこちに結露が発生してしまうようなお住まいでは、この湿気対策をしっかりやっておかないと、カビが発生したり、住まいの腐食を早めてしまったりして、何かと問題になりやすいのです。
湿気だけでなく、ペットのニオイが気になるお部屋では、調湿性能にも優れた壁材で仕上げるリフォームがおすすめです。前段でご紹介した調湿建材の中には、デザイン性にも優れており、室内の全部あるいは一部に使用することでアクセントの効いたお部屋にリフォームできるのです。 パウダールームやトイレなどの水回り空間はもちろんのこと、リビングでもその効果を思う存分発揮してくれます。また、塗り壁材とも組み合わせると、お部屋の美観がさらに高まります。

その他にも、リフォームのことご相談に応じます。

防除 ・ 湿気対策


ページトップへ戻る